• HOME > 新着情報 > フードバンク支援を開始 ~社会福祉活動・廃棄物削減への取り組み~

フードバンク支援を開始 ~社会福祉活動・廃棄物削減への取り組み~

2018年2月8日

「茅乃舎だし」など和風調味料を取り扱う株式会社久原本家グループ本社(本社:福岡県糟屋郡久山町・代表取締役社長:河邉哲司)は、2018年2月より福岡県内のフードバンク3団体(特定非営利活動法人フードバンク北九州ライフアゲイン、特定非営利活動法人フードバンク福岡、ふくおか筑紫フードバンク運営委員会)とそれぞれに「寄贈品に関する合意書」を締結し、食品の寄付を開始いたします。

フードバンクとは、「食料銀行」を意味する社会福祉活動であり、まだ食べられるにも関わらず様々な理由でお客様の元に届けられなかった食品を、食べ物に困っている施設や団体に届ける活動です。

今回の取り組みは、無料または低額でこども達へ食事を提供する「こども食堂」への支援から開始いたします。支援する食品は、だしや醤油といった調味料、鍋スープなどを予定しており、当社の食品で少しでも多くのこども達に喜んでいただける事を願っております。

今後もこの活動にとどまらず、食育・和食文化継承への活動にも力を入れて取り組んでまいります。