• HOME > 新着情報 > 【ニュースリリース】久原本家グループ 2022年夏の稼動を目指し、北海道恵庭市で「北海道工場 地鎮祭」を開催

【ニュースリリース】久原本家グループ 2022年夏の稼動を目指し、北海道恵庭市で「北海道工場 地鎮祭」を開催

2021年4月14日
久原本家グループ(福岡県糟屋郡久山町 社主:河邉 哲司、以下 当グループ)は、2021年4月14日(水)に、株式会社久原本家食品北海道工場(以下、北海道工場)の建設予定地(北海道恵庭市戸磯南工業団地2街区)にて、2022年夏の稼動を 目指して、「北海道工場 地鎮祭」を開催致しました。

当グループは30年以上にわたり、博多名物である“からし明太子”ブランド「椒房庵(しょぼうあん)」の原料をはじめ、玉ねぎや昆布等多くの北海道食材を商品に使用させていただいています。その感謝の想いを形にすべく、「北海道産の食材で、北海道のおいしい食品や食文化を、北海道から全国に」をお伝えするための事業として、「株式会社北海道アイ」を2019年8月に札幌市内に設立し、道内に工場建設の計画を進めてまいりました。

このたび、恵庭市に商品開発を進めるための研究所(ラボ)や食品製造工場を建設する準備が整い、本日の地鎮祭にて、工事の安全と繁栄を祈願致しました。今後は、スーパーなど量販店向け「たべよう北海道」ブランドをはじめ、北海道の大地で北海道の素材、食材を生かした新製品を全国、そして世界へ展開してまいります。
 

※「たべよう北海道」ブランド
「たべよう北海道」は、北海道の食文化やまだ知られていない素材の魅力を発信するブランドです。
http://tabekita.jp/