• HOME > 新着情報 > 【ニュースリリース】2021年8月25日(水)に寄付を完了 「つなぐ書店」を通じたフードバンク支援

【ニュースリリース】2021年8月25日(水)に寄付を完了 「つなぐ書店」を通じたフードバンク支援

2021年8月25日
久原本家グループ(福岡県糟屋郡久山町 社主:河邉 哲司、以下 当グループ)は、社会貢献活動の一環として、当グループ商品を福岡県内のフードバンク団体等へお送りし、「こども食堂」へ食の支援を継続的に行っています。今回は、フードバンクへの従来の商品支援ではなく、昨年11月同様に第2回目の「つなぐ書店」※を通じたフードバンクへの支援を行い、2021 年8月25日(水)に、フードバンク福岡、フードバンク北九州ライフアゲイン、ふくおか筑紫フードバンクの3団体へ寄付金の贈呈を行いました。

「つなぐ書店」とは福岡県久留米市にて、主に発達障害に悩む方の支援・雇用を目的とした古書店で、通常の古書店機能とは別に、寄付された本やCDなどを査定し、フードバンク団体などへ寄付する「古本募金」に取り組まれています。当グループはこの活動に賛同し、社員の家庭で不要になった本やCD、DVDを社内で回収したのち、「つなぐ書店」に査定いただき、その金額「42,860円」のフードバンク寄付が本日完了しました。また、今後は当活動を継続的に行うことで、「つなぐ書店」の認知拡大をはかってまいります。

現代は社会課題が複雑化し、新型コロナウイルス感染症の影響も加わり、不透明さが一段と増しています。そのなかで、地域のみなさまから信頼と支持をいただけるよう、持続可能な社会の実現に向けて企業グループとして役割を全うするとともに、地域社会が抱える課題解決に積極的に取り組んでまいります。

※つなぐ書店
「つなぐ書店」は福岡県久留米市日吉町にある、主に発達障害に悩む方の支援・雇用を目的とした古書店で、
通常の古書店としての機能とは別に、寄付された本やCDなどを査定し、インターネット等で販売された売上を
フードバンク団体などへ寄付する「古本募金」という取り組みをされています。