• HOME > 新着情報 > 【ニュースリリース】久原本家グループ「御料理 茅乃舎」レストランの持続可能性を評価するプログラムで三つ星を獲得、「FOOD MADE GOOD Japan awards 2021」社会部門賞を受賞

【ニュースリリース】久原本家グループ「御料理 茅乃舎」レストランの持続可能性を評価するプログラムで三つ星を獲得、「FOOD MADE GOOD Japan awards 2021」社会部門賞を受賞

2021年11月16日

久原本家グループ(福岡県糟屋郡久山町 社主:河邉 哲司、以下 当グループ)の「茅乃舎だし」など和風調味料を販売する株式会社久原本家「御料理 茅乃舎」は、2021年11月15日(月)に日本サステイナブル・レストラン協会(以下 SRA-J)※が認定する持続可能なフードシステムを実現するための飲食店格付けプログラム「FOOD MADE GOOD」において、「三つ星」を獲得致しました。
※日本サステイナブル・レストラン協会(https://foodmadegood.jp/

SRA-Jは、本国英国のサステイナブル・レストラン協会と連携しグローバルで持続可能なフードシステムの実現を目指しています。より多くの飲食店・レストランがサステナビリティに配慮した運営ができるように支援しており、独自の評価項目を設定、推進しています。「御料理 茅乃舎」は、そのなかで「地産地消と旬の食材の推進」をはじめ、「より多くの野菜とベターミートの使用」、「コミュニティ支援」、「リデュース・リユース・リサイクルの推進」、「従業員への公平な待遇」の項目において高い評価を得ました。

また、サステイナブル・レストラン協会では、加盟店の中でも、特に持続可能な取り組みを推進し、レーティングにおいても高評価を得たレストランを表彰するアワードを毎年開催しています。このたび、日本で初開催となった「FOOD MADE GOOD Japan award」において、「御料理 茅乃舎」が社会部門賞を受賞し、その功績が評価されました。

【「御料理 茅乃舎」】 https://www.kayanoya.com/shop/restaurant/

当グループは、福岡県を拠点に全国30の直営店や飲食店を展開し事業活動を進めています。今般、新型コロナウイルスをはじめ、環境、ジェンダーに関する課題などが日常の生活に様々な影響をあたえています。当グループはこれら社会課題に対応するべく、食の楽しさ、美味しさを伝えることにより、食卓での特別なシーンを演出していくことに使命感をもって努めてきました。このたびの受賞を機にこれまで以上に持続的な活気が生まれるまちづくりに貢献出来るように地域に寄り添い、お客様の視点にたった店舗運営を進めてまいります。