• HOME > 新着情報 > 【ニュースリリース】日本の食文化に触れる 食育活動の取組み 11月26日(金) 福岡県春日市立 春日南中学校にて 久原本家グループ「あごだし教室」を開催

【ニュースリリース】日本の食文化に触れる 食育活動の取組み 11月26日(金) 福岡県春日市立 春日南中学校にて 久原本家グループ「あごだし教室」を開催

2021年11月26日

久原本家グループ(福岡県糟屋郡久山町 社主:河邉 哲司、以下 当グループ) は、2021年11月26日(金)に、
福岡県春日市立 春日南中学校にて「あごだし教室」を開催致しました。

春日南中学校では、12月24日(金)に食育授業の一環として、生徒自身でお弁当の献立を考え調理する
「手作り弁当の日」を実施する予定です。当グループでは「手作り弁当の日」の一助となるべく、
九州あご文化推進委員会※と連携し、「あごだし教室」を開催致しました。
「あごだし教室」は、九州の食文化の一つである「あご(トビウオ)だし」を通して、生徒たちに食の大切さ、
楽しさを伝えることを目的とした活動です。

当日は生徒たちの真剣な眼差しと笑顔に溢れて、両者にとって大変有意義な時間となりました。

当グループは、今後も地域のみなさまから信頼と支持をいただけるよう、持続可能な社会の実現に向けて
企業グループの役割を全うするとともに、食を通じて提供できる取組みによって地域の活性化に積極的に
取り組んでまいります。

※九州あご文化推進委員会:あご(トビウオ)の日本有数の漁獲地である長崎県平戸市、南松浦郡新上五島町、
鹿児島県熊毛郡屋久島町と弊社4者で、昔から九州地域に伝わってきた「あご」の食文化の認知拡大を目的に
共同でPR活動を行っています。