• HOME > 新着情報 > 【ニュースリリース】「メセナアワード2021」優秀賞を受賞 久原本家グループ「くばらだんだんアート」 社会の変化への柔軟な対応と継続性という企業メセナの活動が評価

【ニュースリリース】「メセナアワード2021」優秀賞を受賞 久原本家グループ「くばらだんだんアート」 社会の変化への柔軟な対応と継続性という企業メセナの活動が評価

2021年11月26日
久原本家グループ(福岡県糟屋郡久山町 社主:河邉 哲司、以下 当グループ)は、2021年11月25日(木)に(公社)企業メセナ協議会(東京都港区芝5-3-2 理事長:尾﨑 元規)による「メセナアワード2021」※において優秀賞を受賞致しました。「メセナアワード」は、企業による芸術文化を通じた社会創造の観点で特に優れた活動を顕彰するものです。本年は社会の変化への柔軟な対応と継続性という企業メセナの特徴を発揮している活動が評価されました。
※メセナアワード2021(https://www.mecenat.or.jp/ja/mecenat_awards/mecenat_awards

多様性のある社会実現に向けた取り組み 「くばらだんだんアート」  
「くばらだんだんアート」は、絵画を通して、障がいのある方々の社会参加のきっかけを作ることを目的としたプロジェクトです。障がいがありながらも素晴らしいアートの才能を持つ方々の可能性を広げるために、福岡県内を中心に作品を募集し、入賞作品は当グループ商品段ボールや福岡市内を走るラッピングバスデザインとして採用しています。 また、採用作品にデザイン利用料を支払うことで障がいのある方の経済活動への参加に寄与したいと考えています。
応募作品を展示 2020年は757作品 「くばらだんだんアートの世界展」
応募いただいた作品は福岡県立美術館にて展示し、来場者の方々へ障がいのある方のアートに触れてさまざまな可能性を感じていただくなど、多様性を受け入れる地域社会の創造へ繋げていくことを目指してまいりました。毎年、当グループの新入社員が考案した食にまつわるテーマをもとに絵画を募集し、2020年は、「いただきます!わたしが選ぶ№1おうちごはん」をテーマとして、757作品の応募をいただきました。本年は新型コロナウイルス影響を鑑み、美術館での展覧会は中止となりましたが、Web展覧会として、当グループホームページに757作品を公開致しました。(https://www.kubarahonke.com/dandanart/

【11月25日(木)「メセナアワード2021」贈呈式】
 
【参考:「くばらだんだんアート」過去入賞作品】 左:当グループ商品段ボール 右:ラッピングバス